カンボジアでパソコンを教えるの巻 vulture0902@yahoo.co.jp


by vulture0902

【3時間は90度】

3時間は90度で、6時間は180度。Bye-Byeは、11111(2)で31。
日本は2時間、カンボジアより進んでいて、日本は僕の、未来。
でも、日本人は現在?
過去ってどこだ?

なんでも無いことを考えながら、どこまでも続く田んぼを自転車に乗っていたら、地平線まで直線で田んぼに見える。

え、でも地球は丸い?

地球は丸いのに、地平線は直線。
そもそも、地平線はなぜ見える?
丸いのに。

この広大な田んぼは、色々と疑問をくれる。

水牛が、あざ笑う。

まぁ、元気であります。





b0167225_20212710.jpg

[PR]
# by vulture0902 | 2010-04-07 20:21 | 寸話

【蝋燭】

停電していたから、蝋燭を灯した。案外、蝋燭とはいい物で、司馬遼太郎の幕末の小説を読んでいたせいか、
江戸の人達も、この光の中で書物を読んでいたかと思うと、味が出る。実際には、炎の焦点は僅かにずれ、本当に読みにくい。壁に移る大きな影も、良くみると揺れている。

突然、電気が付き、現在に戻ってしまった。一瞬で200年、時代が変わった。

現在の僕は、WEBを書いています。
CSSとHTML。

GoogleMapを、校長先生に見せたら、えらく興奮してしまったので、反映しなければならない。
JavaSprict? ASP?


mail フォームも作成しないといけません。

さて、日本のプログラマのみなさま。
お願いしたい、儀が御座います。

電気がたまに、不安定な為、蝋燭を灯してプログラミングをしております。
電気が付かなければ、Netもできません。

多分蝋燭の炎の中、蚊に刺されながらプログラミングするのは、地球で何人かでしょう。。
悲しい気分になったでしょ?助けたくなったでしょ?

URLは以下になります。
http://bic.kuronowish.com/index.html


なぜ、Updateできたか?
それはですね~。

たまたま、電気が付いたからです。

メール待ってます!
いつ届くか、分からないけど...

まぁ。でも、生きてます。
[PR]
# by vulture0902 | 2010-03-28 23:03 | 寸話

【後90年が21世紀】

高い木の葉が舞って、地面まで落ちる。そんな中を歩くと、それだけで楽しくなってしまう。
日本には無い感じ。日本では味わえない感覚。そんなも中にいると、なんだか日本に帰りたくなくなってしまう。

国境沿いの学校で、パソコンを週末に教えている。3カ月間で、パソコン全般の知識を教える。ハードとは、何か。ソフトとは、何か。OSの種類は。ウィルスから、PCを守るには。来週は、3カ月間の授業の期間が終わるから、試験をつくっている。私がテストをつくる立場になるとは。。難しくしてやろ。ふっふっふ。

だけど、その学校の存続が、危うい。原因は、お金だ。とにかく、お金がない。その学校は、とてもいい学校だと、思う。先生に活気があり、生徒に活気がある。カンボジアや自分の生活、そして家族の生活を少しでも良くしようと、みんなが一生懸命に学校運営をしていることが、伝わってくる。でも生徒は、お金がない。だから、授業料が払えない。たぶん50%ぐらいしか、収入がないと言っていた。援助が無ければ、きっとつぶれるのは、時間の問題かもしれない。私は貧乏ですからお金は出せないけど、WEBをつくり現地での信頼向上や海外NGOなどへのアピール、少しでも現金収入を得れるようなことを教えたいと思う。それは、とても微力だ。本音を言えば、焼け石に水だよ状態だ。

この頃思うことは、人間に共通する部分として、その場所や組織に集まる人の気持ちが、色々なことを形造っている、と言うことだ。日本語で言えば、校長先生。私は、その校長先生を尊敬している。なんとか、就職率をあげようと。なんとか、よい教育をと。校長先生は、私利私欲ではなく行動する。その気持ちは、言葉が完全に分からない私にも、しっかりと伝わるのだ。これは重要なことで、外国人の私に伝わるのだから、カンボジア人に伝わらないわけは、ない。
だから、学校に活気がある。

校長先生には、家族がいる。
「私の給料は、60$です。家族を養えない。今、悩んでいる。」そんな事を言っていた。

世の中は綺麗事では、動かない。利で、動く。経済活動で、動く。そのトレードオフ(矛盾関係)を思う時、私達は世の中を理不尽に思ったり、南北問題の難しさを連想するのかもしれない。でも現に校長先生には家族があり、よい教育を受けようとするカンボジア人にも又、それぞれの事情がある。

だから、思うのだ。
気持ちを現実にしなくちゃ、意味がない時代なんだと。
コメンテーターが、21世紀の最大の難題は南北問題だ、なんて雄弁に話す時、私達の心のどこかで感じる寂しさは、現実の中でしか解消しえないと。まずは彼らそれぞれのストーリーと、私達の個人のストーリーが、重なり合う点を探せなくちゃ、いつまで経っても、コメンテーターは「21世紀の最大の問題は、南北問題です。」と言い続けるのだろう。たぶんコメンテーターは間違っていて、もう私達個々が持つ[気持ちの強さ]を試す時代になっているんだ、と私は思う。
[PR]
# by vulture0902 | 2010-03-23 02:00 | 独話

【キレたの巻】

庭に勝手にバレーボールのコートを張られた。許した。仕方ない、カンボジアの子供達よ遊びなさい、と寛大なこの気持ち。勝手に、サーカーで遊びだした。カンボジア人はサッカーが大好き。子供もサッカー、大好き。しかたない、許した。

しかし、ドアをゴールにし始めた。ゴールするたび、「ドン!」とすごい音がする。
せっかくの休みの日、この音で起きた。それは、いかん。それは、いかん。
そして、切れた。日本語で。

子供は「ひゃー」と言いながら、逃げた。まるで、怪獣にでも襲われたように。

カンボジアは、広大だからいいんです!
田んぼで遊びなさい。田んぼで。

広大すぎて、ゴールは無いけどね。。
ずっと、オフェンスなら、オフェンス。
永遠、ドリブル。。

ふぅ~。
分かって、おります。大人げないですね。

怒った時の、クメール語を勉強しないと駄目ですね。
何が悪かったのか、説明ぐらいしてあげないとねぇ。
子供だってねぇ。

「ドワは駄目。ドワをゴールは駄目、駄目。リフティングのみ、OK。」
って、クメール語なんて言うんだろう。。
[PR]
# by vulture0902 | 2010-03-14 22:09 | 談話

【時】


無数の歯車は、幾恵にも重なり、休むことがない。

歯車は、
「時」が必要ないような世界でも、又、時を刻むのだろうか。

31556926秒間の一年は、また1秒、1秒と止まることを知らない。

このカンボジアの田舎では。
日が昇ると人は起き、牛で田を耕し、カマで稲を刈る。
地球が時計だ。

日本の一秒と、カンボジアの一秒。

プラスチックの秒針と、焼けつけるような暑い太陽。

同じ「時」だろうか。


何より私の時計は、遅れ気味。。
[PR]
# by vulture0902 | 2010-03-12 21:35 | 寸話