カンボジアでパソコンを教えるの巻 vulture0902@yahoo.co.jp


by vulture0902

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【そっちの方】

今日、ホモの方が家に突然来た!

家の前でタバコを吸っていたら、バイクに乗って笑顔を送る男がいたので、思わず「こんにちは」と言ってしまった。もう夜だったし、顔が良く見えないから、何も考えずに「こんにちは」と言っていた。生徒の一人だと思ったのだ。悪夢はそれから、始まった。

道路に面した家の一回でパソコンの仕事をしていたら、突然家にあがり話しかけてくる。

「クメール語は少ししか話せません。」と言っても、マシンガントークは止まらない。
無視して仕事していて、気が付いたら、男なのにマスカラを塗っているではないか!
お~~~~!

これは一大事と、「私は忙しいんですよ。」「仕事が今日はたくさんあります。」などと言っても、止まらない。
その瞬間、自然と僕の膝に手を乗せている。

お~~~~!なんとかしないといけない!なんとかしないといけない!

足を組み直し、私はそっちの人ではありませんよ~。と、雰囲気で伝える。

「日本の料理が食べたいなぁ。」と、そっちの方が僕に甘える。
「僕、料理作れません。」と、大嘘をつく。

「教えてあげる。カンボジア料理。」と言うので、

お~~~~!なんとかしないといけない!なんとかしないといけない!
と、頭の中で緊急ランプが点灯する。必死で嘘をついた。

で、30分ぐらい格闘して、やっと帰った。


僕は、そっちの方にそう思われる人なのだろうか。なにか寄せる物を持っているのだろうか。あまりにこうゆう経験が多いような気がする。自転車に乗って町の中心を走っている時も、そっちの方が無理やり2ケツしてきたことがある。ケツとか揉むし。痴漢で~す。ってカンボジア語分からないし。最悪だ。

カンボジアに住んで、一年が経った。一年では、カンボジア語でうまく切り返すことができない。日本語で遠回しに伝えると言う表現がある。遠回しに伝えられるようになるには、あと5年ぐらいは必要なのかもしれない。アグネスチャンの日本語を今まで笑っていて、ごめんなさいと最近良く思う。
[PR]
by vulture0902 | 2010-06-24 22:50 | 談話

【愚痴】

カンボジアの気候は熱帯モンスーン気候で、一年は雨季と乾季の時期に分かれる。雨季には、突然の雨が夕方になると降り始め、降る時間も予想できるほどだ。スコール。突発的雨量は大量で、外でシャワーをする人もいると聞く。日本を離れて一年で四季の感覚を今、私は捨てようとしているのかもしれない。

一年近くも後進国で生活すると後進国の人を信じられなくなる時が多いのは、僕だけなのだろうか。時間を守らない。まだいいほうだ。まだ来るんだから。物を取られる。自分の不注意だ。ぼられる。クメール語を修行しなさい。ぼられないように。でも、やる気がない。。これは、つらい。

例えば、高校を卒業したカンボジア人と、高校に行かないカンボジア人の給料はほぼ同じだ。学校に行かなくなる人が多い。出口の対応が無い。就職口が限られている。ちなみに大学は、村で300人の子供全体の内、1~2人。(勝手な調査)そして、日本では結構前からこの問題をある程度クリアできているのではないでしょうか。(これも勝手な意見)つまり、雇用が多様化しているから、頑張れる。(高度成長期ね、日本は違うステージにいるんだと思う)差がつくとは、ある側面とても重要な要素だ。頑張ったら、テレビ買えるかもしれない。今は、教育費を頑張って捻出しなくても、どの家庭でも工場に行ければTVが買えるような状況だ。別に苦学して高校に行かなくてもいい。だって生活を豊かにしたいのが根底にあるのだから。

そして、段々カンボジア人を信じなくなる。そんなカンボジア人と等身大で付き合うより、たぶん楽だから。授業、今日も遅刻してくるんだろうなぁって、考える方が容易い。自己防衛だ。この真面目な人も、やっぱり後進国の人なんだろうなぁって初めから思っているほうが良く話し合う時、傷つかない。でも、段々辛くなる。自分が狭くなる。萎縮する。萎える。小さくなる。

でも信じるとか期待するピグマリオン効果ってある。よく心理学の本に出ている難しい奴だ。でも例えば先生と生徒の関係で言うなら、生徒の行く末ではなく、先生自信への良い効果があるのではないだろうか。

この状況がなんですか。本当にそう思いますか。私も学生の時、ぜぇんぜぇん勉強しなかっから、気持ちはとってもわかるから。騙されたと思って。あなたには、できる。そう、できますよ。なぜって、すぐパソコンでクメール語打てるようになったじゃん。英語のスペルも打てるでしょ?たった2カ月で。英語を話せるようになる期間?僕まだ、1年だよ、クメール語の勉強。どうですか私の片言のクメール語?え?変?はっはっは。私がもしプノンペンで働くと、100$稼げるよ。パソコン修理できるからね。ふふん。いいでしょ。修理1回20$ぐらいもらえることもあるよ。あなたにも、できる。なぜって、感じるだけですよ。I'm just feeling.ですよ。あなたも月100$!いいでしょ。工場は70$~80$。修理は100$。ほら。なんかわくわくってしちゃうでしょ?希望って、クメール語でなんていいますか?


これだ。これって本当は自分に言っているんだ。
[PR]
by vulture0902 | 2010-06-08 01:49 | 独話

【目立たない心】

溢れる情景は心の中でポっと浮かんで消える。思い出したくなくったって、いい思い出だって同じに、浮かんで消える。係数はきっと、乱数だ。バイクに2ケツしてたり、家族でHONDAの原チャリに乗ってたりするカンボジア人が、目の前を通る。夜になっても、たくさんのフロントランプが通る。今、地球に住む4人に1人が1日1.25ドル未満で生活し、極度の貧困に陥っていて、生存の危機に直面しているって、脳のメモリの16ビットぐらいが反応したけど、残りはやっぱり通る光が「キレイダナ」って感じだった。

また、パソコンを寄付してくれる人がまたメールをくださった。日本人の暖かい心に触れると、なんだかね。嗚呼、いいなって思います。ありがたいなぁと。日本に住んでいたときには、世界が限定されていたんでしょうね。多くの方は何かしたいんだなぁって、意外さも感じます。本当にうれしいです。こういう時、言葉って無力ですね。何回も書いちゃお、嬉しいっす。ホントに。やったぞ~!やっぱり日本人、いいなぁ。

最近意識が変わったこととして、日本のIT関係者ってクールと言うイメージがありました。現実的な考え方が根底にあるような感じですかね。今は、違います。彼らこそ助けてくださるんですよね。NGOやボランティアを優遇してサーバーを貸していただけたり、後進国を考慮したソフトを設計していたり。少なくとも、影響力はとてもあるなと感じます。それも、現実的だからこそなんすかね。そんな裏方の仕事もいいなぁとも思います。だから日本には帰らないかもよ、母ちゃん。


さて、まあ元気です。日本は、どうでございましょう?首相が代わるほかに、おかわりありますか?
[PR]
by vulture0902 | 2010-06-06 23:13 | 寸話