カンボジアでパソコンを教えるの巻 vulture0902@yahoo.co.jp


by vulture0902

カテゴリ:詩話( 2 )

【じっかん】

カンボジアで5人乗りのセダンに9人の人が乗る、乗り合いタクシーの中、僕は思うのだ。

今頃、日本のある家族はレストランに行くセダンの車の中、10歳の弟はおもちゃのゲームをやりながらお母さんに叱られて、お父さんは渋滞に多少いらつきながら、14歳の姉は窓の外ばかり見ているとしても、それはとても楽しい風景だと。

月曜日の朝、会社に行きたくなくて、このまま海沿いの温泉まで有給を使って旅したいと思ったって、カンボジアの農村では仕事がなくて昼間から酒を飲んでいる奴もいるんだから、それはとても幸福な感情なんだと。

小腹が空いたからコンビニにいけるのは、そもそもコンビニがある証拠。


私達は常に、何かと比べている。

実感できる時なんて、いつも無くした後だ。

今いる世界の価値なんか、本当は誰もしらない。

今、この時、私達は満足なのだろうか。

多分また、時間が経てば分かるだろう。
[PR]
by vulture0902 | 2010-07-19 13:09 | 詩話

【ネットポエム】


名も知らない田舎町で日向ぼっこする者
槍を持って勇敢に獣を仕留める者
ビルの中でまだ見ぬ発展を求める者

自転車であぜ道の風を感じる者
午後のお茶を楽しみにする者
海のにおいにわくわくする者

レース会場で歓声をあげる者
先祖からの言い伝えを守る者
夢を待つ者

平和を願う者
子供の寝顔をただじっと見つめる者
おもわず踊る者

優しさを大切に守る者
家族においしい料理をつくる者
あの人を思う者

そんな人に会ってみたい
だけど

薬を買えない者
売られる者
子供を売る者

学校に行けない者
地雷の中で暮らす者
銃に怯える者

乞う者
争う者
絶対だなんて言い張る者

そんな人に会わなければ
それはただの夢想家だ
[PR]
by vulture0902 | 2010-05-26 21:37 | 詩話